電子書籍出版を活用したマーケティングサービスです。

紙媒体の商業出版は、大きなブランディング効果とマーケティング効果を生み出しますが、一般的にはハードルが高い方法になります。

(弊社の商業出版サービスはそのハードルを極限まで下げます) 

その一方で、既にご存知かもしれませんが、電子書籍出版ブームが2012年頃より日本にも到来しており、現在ではAmazon Kindleストアはじめ、楽天Koboなど電子書籍販売に関するプラットホームは既に充実しており、成熟期に入ったとさえ言われています。

アメリカでは紙媒体の書籍より電子書籍が主流になっていることからも分かるように、今後の日本においても電子書籍はブームから文化に変わることはほぼ確定していると言えます。

その電子書籍を今から出版することで、ブランディング効果を狙うのと同時に、紙媒体の商業出版以上に大きなマーケティング効果を狙うことが可能です。

紙媒体の商業出版と電子書籍出版の特徴の違いは以下の通りです(5段階評価・5が最高)。

紙媒体の商業出版 ブランディング効果「5」・マーケティング効果「3」・予算「3」
電子書籍出版 ブランディング効果「2」・マーケティング効果「4」・予算「2」

※ご予算: 38万円(税別)~

お問い合わせはこちら